結局、出会い系サイトに登録している方って男性も女性も割り切った出逢いを求めているのがほとんど。 だからルックスを期待して登録していることが間違っているし、逆に外見を気にしないでメールのやりとりで相性があうなら、出会ってすぐホテルなんてことも可能!

本気でセックスしたいなら出会い系サイトに登録しているブスを受け入れることができたらすぐにセックスできるよ。

SWEET LINEのバナー
  • 料金:登録無料
  • 口コミ:★★★★★
  • 評価:★★★★★
愛カツのバナー
  • 料金:登録無料
  • 口コミ:★★★★
  • 評価:★★★★
出会いひろばのバナー
  • 料金:登録無料
  • 口コミ:★★★
  • 評価:★★★★★

女の子とエッチしたい方法それはブスを受け入れること

女の子をセフレの関係に持ち込むには

テレビではブスを受け入れられないとか話題になっていますが、ブスを受け入れるとセフレって簡単にできるんですよね。
出会い系で女の子を探していて、メッセージを交換して、会うまでは行けても結局ホテルに一度も行かずに別れてしまう、あるいは、一度行っただけで、その後の関係が続かないということも多いのではないでしょうか? 容姿や清潔感など、最低限のレベルは問題ないとして、しかし、セフレの関係に持ち込めないのは、どうしてなのでしょうか。

「この人なら身体を任せてもいい」と思わせる

セフレをつくるには、女性に身体を任せていいあるいは、またセックスがしたいと思わせることが必要です。とくに、最初にセックスをするかどうか、というのが、大きな分かれ目なのですが、そこまで辿りつけないということも多いのです。女性をそこまで誘導するには、それなりの会話テクニックが必要なのです。それは、普通の意味での「話がうまいうまくない」というのとはまた違った意味でのテクニックです。

「共感」でどんな相手とでも会話が続く

具体的にどのようにすればいいのか、ということなのですが、そこまで難しいことでもありません。相手の話に、片っ端から「そうなんだ、大変だったね」あるいは「そんな仕事してるんだ、すごいね」と、共感しているポーズを見せればいいのです。この「共感」というのは、女性が非常に喜ぶ反応の仕方です。たとえば、女性が誰かに悩み事を相談するとして、男性が同じように誰かに悩み事を相談するときとは、あきらかに違う意図で相談しています。

女性が相談するのは、男性のように、「解決策」を求めているわけではありません。それよりも「そんなに大変な思いをしてるんだね。その気持ちわかるよ」と、「共感」してもらうことが目的なのです。これほどまでに、女性は自分の気持ちに共感してほしがっているものです。それを提供することで、女性はあなたに心を許し、知らず知らずのうちに、セフレになることを内心で了承してしまうのです。

自分の乗れない話題には質問で乗り切る

しかし、それだけでは、女性に「なんでも『そうだね』って言ってればいいと思ってるんじゃないの?」と思われ、かえって信頼度を下げてしまう、ということもありえます。そこで、たまには「質問」をすることが必要です。これは、自分が乗れない話題や、自分に関心のない話題を女性が話している際にも有効です。「それってどういうこと?」とか、「どうして?」など、質問をして、自分がその話に関心を持っていることをアピールしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ