首都圏へと初出店につき店舗内装を依頼したprojectの完成度

アンテナショップの店舗物件探し

アンテナショップの店舗物件探し : 内装写真の実績を見て依頼を決めた : ハイスペックな仕上がりに大満足

北日本で観光土産品を小売店へと卸す会社に勤務しており、取り扱いアイテムは菓子類や乾物系、瓶物や小物雑貨、工芸品などがあり、全部で2,000種以上ある商品の販売を手掛けている商社です。
各メーカーから仕入れた商品が多い中、自社開発商品も製造販売しており、いわゆるPBと呼ばれるものですが、営業エリア内では非常に人気の商品が揃っています。
会社の指示により、首都圏へとアンテナショップを出店することを計画するようになり、私は営業手腕とこれまでの実績、PB製作の際のアイデアの提案力を買われ、アンテナショップの責任者という形で携わることになりました。
首都圏の商業施設の中にテナントして入店することが必要だったために、最初に行ったことは店舗物件を探す仕事です。
遠く離れているのでネット上から希望する条件に合う物件を5件程度ピックアップした上で、日程を決めて首都圏で営業中の不動産会社の方と一緒に物件の様子を見に行きました。
階層や坪数、立地条件から家賃額まで希望する条件に当てはまる店舗を見つけることができ、こちらは後日に会社側と契約を結ぶことで合意に至りました。

ただいま、仙台に『ほしよみ堂』を出店するために、物件を探しています。
探せば探すほど、どんどん面白い物件があることがわかります。
名古屋のときもそうでしたし、渋谷も同じでした。
すぐに決めないで、たくさんの物件を見るのです。
飲食店をやる場合も、アパレルも同じです。
物件探しは楽しい!

— 中島多加仁@ほしよみ堂Founder (@hoshiyomi_taka) June 27, 2014